みんなと港まちを創る

6/29-12/28

まちをひらく|Open Sesame!

み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクト

まちをひらく|Open Sesame!  


Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F:Project Spaceでは、
()なとまちをつくるアーカイブプロジェクトとして『まちをひらく|Open Sesame!』 を開催します。
 

「集まれないけど、集めれる」をテーマにプロジェクトが進行中!!

5年間をかけて、港まちに暮らす人々の「個人的な」エピソードを集積しながら、現代的な都市のまちづくりを思考・実践してきたアーカイブプロジェクト。今年からは、少し趣向を変えて、アクションリサーチと、身近なテーマが定期的に巡る企画展示を重ねた半年間のプロジェクトに挑戦します。

新型コロナウイルスは、医療を圧迫し経済を停滞させる。そして、肝心の政治は迷走を続けています。この混沌の行く末は、誰にもわかりません。しかし、私たちの社会には確かな胎動があり、いずれ世界は新しい動きを始めることになるでしょう。

そんな時代のまちづくりに大切なことはなんでしょうか。それを考えるため、私たちは、日々を暮らす一人ひとりの声に耳を傾ける場をひらいてみようと思います、できれば楽しみを分かち合いながら…。

 

話を集めてまちをひらく  6/29(火)-12/28(火)
〜人々の話を集めたとして、それが一体何になる?!〜
昨年度のトークイベントにご参加いただいた美術家・本原令子さんとプロジェクト「Chatting in the kitchen -台所でおしゃべり-」が進行中。港まちに住む方の台所で聞いた様々なお話を写真とメモで展示しています。

 
写真|左《2 boots art experiment》2016  右《Happy Birthday to me》2021

 

企画展1  本を集めてまちをひらく  6/29(火)-8/28(土)
〜「流れついた本展」リバイバル〜
定期的に巡る展示の第1期のテーマは、「本」。港まちに暮らす人、働く人、遊びに来る人…さまざまな関わりのある方々のオススメの1冊を並べます。

 
写真|「流れついた本展」(2018)の様子 撮影:三浦知也


企画展2  映画を集めて まちをひらく  9/4(土)-10/3(土)
定期的に巡る展示の第2期のテーマは、「映画」。港まちの人々が見た映画の記憶についてのエピソードを拾い集め、それに関連したミニシアターイベントを開催します。

映画を集めて まちをひらく|詳細ページ

 


 

開催概要

2021.6.29 [Tue.]−12.28[Tue.]
11:00−19:00 
日曜・月曜・祝日休み
Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F : Project Space

※ 毎月第2・4水曜日は、午前中に別事業で会場を使用するため、展示等をご覧いただけるのは13:00以降となります。

ワークショップやトークイベントなども企画中。

主催|港まちづくり協議会
名古屋市港区名港1-19-23
Minatomachi POTLUCK BUILDING
tel│ 052-654-8911  
e-mail│info@minnatomachi.jp
Web│www.minnatomachi.jp

新型コロナウイルス感染症の状況等により、会期、実施内容等が変更となる場合があります。
※入館時は、マスクの着用をお願いいたします。また受付にてご記名・検温も合わせてお願いいたします。

 

み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクト

港まちに暮らす人々の個人的なエピソードを集積し、まちの新たな輪郭を記録するプロジェクトです。
さらに、その記録を成長させていくことで、現代の都市が「まちづくり」に向かうことの意味を問い直し、このまちの未来の姿を思い描くことを目的としてい ます。
2016年の「まちと話す│talk with you」、2017年の「まちを解く│find your origin」、2018年の「まちを綴る│taste our tracks 」、2019年の「まちが語る│telling our story 」、2020年6月の「まちを残す|people talk about what they do」、2021年1月は「まちを残す|people talk about what they doのエトセトラ」、6年目となる2021年の今回は「まちをひらく|Open sesame!」を展覧会のタイトルとしました。

   

 

チラシ PDF

まちをひらく│Open sesame!